サイトマップ

ホームへ戻る

au、チューリッヒ、ちゃりぽetc・・・人気の自転車保険を比較。みんなのおすすめは?

自転車保険 おすすめ

保険比較

ホーム自転車保険比較

自転車保険比較

更新日'14.9.1

人気の自転車保険を補償内容や保険料で比較!実際に自転車保険を利用している人の口コミをチェック。おすすめの自転車保険は?

自転車ブームに合わせて注目度が高まっている自転車保険。学生・主婦の移動手段としてはもちろん、最近では通勤や街乗りで愛用する人も増えている自転車ですが、交通法で「軽車両」に分類されていることからもわかるように、スピードが出た状態で接触事故が起こると、自分も相手も大きなダメージを負うケースが少なくありません。
自転車保険とは、自転車に乗っている最中の事故でケガを負った場合にその費用を補償したり、相手や物に損害を与えてしまった場合の賠償をしたりといった目的でかけられる傷害保険のひとつです。交通事故の補償に焦点が絞られているため、月々数百円と手頃な保険料で入れる保険が多く、オンラインやコンビニで加入できる商品も増えています。通勤・通学・趣味などで日常的に自転車に乗る人は、万一の事故に備えて自転車保険比較のランキングを参考に、加入を検討してみてはいかがでしょう。
※ ランキング順位のロジックに関してはこちら

新たらしいネット生保「アクサダイレクト生命」誕生!生命保険、医療保険、がん保険etc・・・トップクラスの保険料を実現!

東証一部に上場するジャパンベストレスキューが全額出資する「ジャパン少額短期保険」の自転車保険。パソコン・携帯電話・スマートフォンから加入手続きが完了するネット型の自転車保険の一つで、人件費や設備費を大幅に抑えることで月額260円からという手頃な保険料を実現している。
自転車事故に対応した「自転車あんしん保険」と、自転車の盗難を補償する「自転車盗難保険」の2種類を取り扱っており、「自転車あんしん保険」は、自転車の運転中に自分がケガをした場合の入院費用や、人・車・物と接触して相手に損害を負わせた場合の損害賠償費用などが限度額の範囲内でカバーされる。ちなみに、交通事故傷害保険は、自転車だけでなく、自動車や電車・バス・飛行機・船舶等も対象としているため、これらの乗り物との接触事故や、これらに搭乗している間の事故も補償の対象となる。
損害賠償額が最高1,000万円とやや低めな点は気になるものの、普段から交通マナーを守って自転車に乗っている人(多額の損害賠償が発生する可能性が少ない人)や、自動車保険・火災保険など他の保険で賠償責任保険が付帯している人であれば、自転車の事故に割安な保険料で備えられるだろう。
また「自転車盗難保険」は、自転車が盗まれた場合に自転車の購入にかかった費用を5,000円〜50万円の間で補償する自転車専用の盗難保険。加入には、購入から1か月以内の自転車であること・防犯登録された自転車であること等、いくつかの条件があるものの、電動アシストやロードバイクなど高価な自転車の利用も一般的になっている現在は利用価値が高いだろう。
加入年齢の制限がなく、手続きも簡単なため、通勤・通学で自転車に乗る機会の多い人は候補に入れておくべき自転車保険である事は間違いない

自転車保険比較

保険料比較オススメ!※自転車あんしん保険
あんしんプラン (月額)260円、(年額)2,900円
もっとあんしんプラン (月額)370円、(年額)4,100円
補償内容※自転車あんしん保険
あんしんプラン もっとあんしんプラン
入院 日額6,000円
※120日限度
日額6,000円
※120日限度
通院 日額1,000円
※90日限度
死亡・特定重度障害 300万円
個人賠償責任保険 1,000万円
保険期間※自転車あんしん保険
1年間※自動継続
加入年齢
制限なし
保険料支払い
クレジットカード、コンビニエンスストア、銀行振込
※月額払はクレジットカード払いのみ
ここに注目!
  • オンラインで保険加入手続きや契約内容の確認が可能(※保険金請求は電話連絡)オススメ!
いい口コミ
比較すればわかるが、自転車保険の中ではちゃりぽが一番保険料が安い。少額短期保険は小規模事業者という事で支払いに不安があると思う人もいるが、ここは東証一部上場のジャパンベストレスキューが親会社なので支払いに不安は全くないと思う。事故らない事が前提ですが、保険会社としての信頼性や体力を考えると個人的にはここが一番安心できるのではないかと思う。(27才・男・マーケティング)
私もちゃりぽに入ってます。これまでは県民共済に入っていて、専門の自転車保険ではないですが、2週間以上入院する場合保障が使えました。(実際には事故はありませんでしたが)第3者賠償もこどもプランでは使えますが、通常のプランにはないので、今回レーサー型を購入したタイミングで専門の自転車保険に入る事にしました。まずは事故を起こさない事が一番ですが、自転車は意外に危ないので、保険には入っておくべきだと思います。安心のための費用だと思えば、この数千円は高くありません。(24才・男・営業)
レーサー型の自転車を購入したのを機に結構スピードが出る事もあり、自転車保険に加入。費用も安く安心感を買うという意味では意味があると思います。特に細かい審査がなく、クレジットカード払いでき、入金した時点から効力が発生するので手軽なのも良い点です。自転車だという事でなめている人がいますが、私の同僚で自転車事故で骨を折り、1カ月近く入院した子がいます。個人的にレーサー型のようにスピードが出る自転車に乗っている人は、絶対保険に入っておいた方が良いと思う。事故は起こして後悔してからでは遅いので。(27才・男・広告代理店)
とにかく保険料が安い。自動車は入らないといけないが、自転車は保険に入らなくても良いという考えがそもそも間違い。こどもに入れている保険で自転車の特約がついているならまだしも、ついていないなら加入しておくべき。私も実際にけがをしたことがあるが、自転車のほうが事故の際、けがが大きくなる事が多い。(43才・男・会社員)

クチコミをもっと見る

中立の口コミ
あんしんプランに入っています。自転車で自爆し、通院する事になりましたが、入院が必要なほどではなく、もっとあんしんプランに入っておけばと後悔(苦笑)。万一の場合と思って入っておいたのですが、少しケチったのが運のつきでした。次回更新の際はもっとあんしんプランに入る予定です。考え方はいろいろあると思いますが、月100円、年1,200円程度の違いならもっとあんしんプランのほうが良いと思います。飲み会1回分で1年保証ですしね。(39才・男・会社員)
総合 4.7
保険料 4.5
補償内容 4.5
保険金額 4.5
事故対応 4.5
人気 5.0

ジャパン少額短期保険「ちゃりぽ」

ピックアップ

SBI損保の自動車保険が、年々増加する自転車事故に対応するため、自動車保険に「自転車事故補償特約」を追加
1日約10円、月々約300円の保険料で、自転車走行中や搭乗中の自分自身のケガに加え、対人・対物事故(個人賠償責任)もカバー。保険料は他の自転車保険と比較しても割安だが、損害賠償責任保険は1事故につき最高1億円まで補償。死亡保険金・後遺障害保険金も1名につき1,000万円と万一の事故を十分カバーできる金額に設定されている。さらにSBI損保の自転車事故補償特約は、本人に加え、家族も補償の対象となる。これは他の自転車保険にはない大きな魅力と言えるだろう。
SBI損保の自動車保険は「週刊ダイヤモンド」の自動車保険・保険料ランキングで5年連続1位を獲得、楽天の自動車保険人気ランキングでも4年連続1位を獲得する等、利用者の評価は極めて高い。
また自転車事故補償特約は、契約期間中であっても自由に付け外しができるため、将来的に自転車保険が不要となった場合、特約のみ解除することもできる。
自動車と自転車の両方にも乗るユーザーで自転車保険への加入を考えている人は、SBI損保の自動車保険を選択し、自転車保険の特約を利用する方法が最も合理的である可能性が高い。自動車保険の見直しを考えている人は、自転車事故補償特約を付与できるSBI損保が最も有力な選択肢の一つになるだろう

自転車保険比較

保険料比較
自転車事故補償特約 (月額)300円、(年額)3,650円オススメ!
自動車保険料 (年額)64,990 円
※試算条件…運転者:26歳以上(本人限定)、免許証の色:ブルー、対象車(プリウスZVW35)、住所:品川区、使用目的:日常・レジャー
補償内容※自転車事故補償特約
医療保険金 傷害の部位・症状に応じて一定額(治療日数5日以上180日以内の場合)
死亡・後遺障害補償 1名につき1,000万円
損害賠償責任保険 1事故につき1億円
保険期間
1年間
ここに注目!
  • 月額約300円で家族全員分の自転車事故をカバーオススメ!
いい口コミ
自動車保険に入っている人は特約で自転車保険をカバーする事が出来るケースがあります。私の知る限り、セゾンの自動車保険とSBI損保には特約があります。ちなみにSBI損保は月300円で人気ランキングで上位にある自転車保険とそん色ないかもしくは上回る補償を家族全員に付帯させることができるのでかなりお得度は高いと思います。(34才・男・会社員)

SBI損保(自動車保険)画像

創業約140年、世界170カ国以上に展開するチューリッヒの傷害保険(自転車保険)。補償範囲を交通事故等に絞りこむことで、一般的な傷害保険よりもリーズナブルな保険料を実現している。
自転車に乗っている最中の事故だけでなく、電車・自動車・バス等への搭乗中の事故や、これらの乗り物との接触事故、駅構内でのケガなどにも対応
すべての補償を手厚くした「ベーシックプラン」のほか、治療に重点を置いた「リーズナブルプラン」、補償の種類や金額を自由に決められる「フリープラン」があり、それぞれパーソナルタイプ、夫婦タイプ、ファミリータイプの3タイプに分かれている。
補償内容は、交通事故の際の入院・手術・死亡・後遺障害のほか、通院の補償も付帯。さらに最高5,000万円の賠償責任保険も付帯できる。ちなみに、賠償責任保険はパーソナルプランで加入した場合でも家族全員が補償の対象になるなどメリットが大きい。
契約者本人の年齢制限(満20歳から満70歳まで)がある点や、他の自転車保険に比べて保険料がやや高い点は気になるものの、インターネット経由で申し込むことで保険料が1,000円引きになる等の割引サービスも充実。補償内容も全体的に手厚いため、自転車保険を比較・検討する際はチェックしておきたい。

自転車保険比較

保険料比較 ※ベーシックプラン、通院補償なしの場合
パーソナルタイプ (年額)3,750円
夫婦タイプ (年額)6,200円
ファミリータイプ (年額)8,260円
補償内容※ベーシックプラン、通院補償なし、インターネット割引適用、契約者:30歳・事務員、の場合
2013年11月30日以前開始の場合 パーソナルタイプ 夫婦タイプ ファミリータイプ
入院※1 日額5,000円 本人:日額5,000円
配偶者:日額5,000円
本人:日額5,000円
配偶者:日額5,000円
親族:日額2,500円
手術
(手術の種類により)
入院の場合、入院保険金日額の10倍
入院外の場合、入院保険金日額の5倍
通院※2

なし
※付帯可能(日額2,000円)

なし
※付帯可能(日額2,000円※本人のみ)
なし
※付帯可能(日額2,000円※本人のみ)
死亡・特定重度障害 500万円 本人:500万円
配偶者:500万円
本人:500万円
配偶者:500万円
親族:250万円
個人賠償責任保険
※特約で付帯(年額850円)
5,000万円
※自己負担額1,000円

※1 入院保険金支払限度日数変更特約(120日用)
※2 通院保険金支払限度日数変更特約(60日用)

保険期間
1年間※自動継続(満75歳まで)
加入年齢
契約者本人:満20歳から満70歳まで
保険料支払い
インターネット申し込み:クレジットカード
郵送申込:口座振替(年払・月払の選択可)
ここに注目!
  • インターネット割引…オンラインで保険加入手続きを行うと1,000円OFFオススメ!
いい口コミ
自動車保険もチューリッヒなので自転車保険もまとめてここにしました。ちゃりぽと比較すると保険料が高いので来年更新するかどうかはわかりませんが、その分補償も充実しています。自転車事故のニュースが増えているので(もちろん事故を起こさないよう安全運転ですが)安心して乗る事ができるのはやっぱり大きいです。以前見たニュースで8000万円の賠償を命じられたケースもあるようなので、保険にはやっぱり入っておくべきだと思います。(31才・男・会社員)
最近の自転車事故のニュースを見て怖くなり、セブンイレブンで加入。年5千円以下で入れたので十分に安いと思うがもっと安い保険があったのには驚きました。納得はしていますが、来年以降は乗り換えると思います。(28才・男・広告代理店)
中立の口コミ
月500円そこそこの保険料で入院保障と個人賠償責任保険までカバーしているとはすごいと納得して加入しました。ただちゃりぽと比較すると保険料はかなり高いですね。。。会社の体力はチューリッヒのほうが上ですので信頼感はあると思いますが、これほど差があるのはちょっと。。。特に後悔はありませんが、更新時期に乗り換える可能性高いです><(29才・男・会社員)
保険料は自転車保険の中では高い部類だと思います。ただ他の自転車保険は保障が手厚くなく、保険料が安いかわりに、給付される基準が高いですが、ここはかなり手厚いので一長一短あります。しっかりとした保障が受けたい人ならここも選択肢だと思います。(35才・男・会社員)
総合 4.6
保険料 4.5
補償内容 4.5
保険金額 4.5
事故対応 4.5
人気 5.0

チューリッヒ「スーパー傷害保険Lite」

あいおいニッセイ同和損保とKDDIが共同で設立した「au損害保険」の自転車保険。au、ドコモ、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォン、もしくはパソコンから保険の加入手続きや保険金請求などを行うことができ、保険料もau携帯電話料金と一緒に支払えるなど、利便性の高さを特徴とする。
主なコースは「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」の三種類で、各コースで個人プランと家族プランを提供。すべてのコースに「示談交渉サービス」と「自転車ロードサービス」が付帯している。補償の対象は、自転車事故以外にも、電車・車などの交通事故全般が対象となるが、自転車関連事故の場合は、死亡・入院・手術・通院で支払われる保険金が2倍になる。
契約申し込みや保険証券の発行、保険金請求といった各種手続きを携帯電話やパソコン上で行えるため、削減した事務コスト分が補償内容に反映されており、他の自転車保険と比較しても手厚い補償を実現している
もっとも手軽なコース(ブロンズコース)に通院補償が付帯しない点はネックだが、ロードサービスや自転車事故での保険金倍額など、自転車保険には珍しい手厚い補償を手頃な保険料で準備できる要チェックの自転車保険

自転車保険比較

保険料比較
ブロンズコース(一時払の場合) ・本人タイプ…(1年間)4,290円、(2年間)7,710円
・家族タイプ…(1年間)10,300円、(2年間)18,450円
シルバーコース(一時払の場合) ・本人タイプ…(1年間)6,910円、(2年間)12,420円
・家族タイプ…(1年間)17,070円、(2年間)30,570円
ゴールドコース(一時払の場合) ・本人タイプ…(1年間)11,460円、(2年間)20,610円
・家族タイプ…(1年間)23,570円、(2年間)42,250円
補償内容
ブロンズコース シルバーコース ゴールドコース
死亡・特定重度障害 300万円
(自転車事故の場合は2倍)
400万円
(自転車事故の場合は2倍)
400万円
(自転車事故の場合は2倍)
入院一時金 2万円※3日以上の入院の場合
(自転車事故の場合は2倍)
5万円※3日以上の入院の場合
(自転車事故の場合は2倍)
入院保険金日額 1日につき4,000円
(自転車事故の場合は2倍)
1日につき6,000円
(自転車事故の場合は2倍)
1日につき6,000円
(自転車事故の場合は2倍)
手術保険金 2万円or4万円
(自転車事故の場合は2倍)
3万円or6万円
(自転車事故の場合は2倍)
3万円or6万円
(自転車事故の場合は2倍)
通院保険金日額 1日につき1,000円
(自転車事故の場合は2倍)
1日につき2,000円
(自転車事故の場合は2倍)
個人賠償責任(自己負担なし) 5,000万円 1億円 1億円
示談交渉サービス
法律相談費用等 5万円
弁護士費用等 300万円
自転車ロードサービス プレミアム
(無料配送距離20kmまで)
プレミアム
(無料配送距離20kmまで)
プレミアム
(無料配送距離20kmまで)
保険期間
1年間または2年間※自動継続なし
加入年齢
満 18 歳以上(日本国内に居住)
保険料支払い
クレジットカード、まとめてau支払い(ケータイ)、auかんたん決済(スマートフォン)
ここに注目!
  • すべてのプランに「示談交渉サービス」と「自転車ロードサービス」が付帯オススメ!
いい口コミ
価格は他の自転車保険と比較しても驚異的に安い。ただその分保険の範囲内も狭い。そもそも自転車で死亡事故に合う(起こす)ケースは極めて稀。また保険金についても少ないので到底これでカバーできるとは思えないが、サブ的な保険としては役に立つと思う。(33才・男・会社員)
中立の口コミ
他の人も書いていますが、月100円の保険は他の自転車保険と比較しても圧倒的に安いと思います。ただゼロではないにせよ自転車で死亡事故を起こすケースだけカバーするのでは自転車保険に入る意味はあまりないと思う。一番起こるであろう事故ははやりけがなのだから、けがをカバーする自転車保険に入ったほうが良いと思います。(35才・男・会社員)
悪い口コミ
月々100円の自転車保険は他と比較しても圧倒的に安いですが、けがでは一切保障が受けられないという点には注意したほうが良いです。自転車の事故は多いですが、死亡事故に至るケースは極めて稀なのでほとんどの場合、掛け捨てになると思うべきです。やっぱり入院が保障されるプランのほうが安全です。(37才・男・会社員)
総合 4.5
保険料 4.5
補償内容 4.0
保険金額 4.5
事故対応 4.5
人気 5.0

au損害保険「あ・う・て ケガの保険 Bycle(バイクル)」

大手損保・三井住友海上がセブンイレブンと提携して扱う自転車保険。セブンイレブンの店頭に設置されているマルチコピー機で、保険の加入手続きから保険料支払いまでを完了できる。また、オンラインの「ネット予約登録サービス」を利用して住所・氏名・電話番号をあらかじめ登録しておくと、店頭での手続きを大幅に簡略可能。
補償内容は、賠償責任が1億円(示談サービス付帯)、入院時の補償が6,000円、手術時の補償や死亡・高度障害も付帯。加入者によって「本人型」「本人以外型」「夫婦プラン」「家族プラン」に分かれ、人数に応じて保険料が変化する。
契約者がセブンイレブンの店頭に出向いて保険に加入するシステムだけに、手続きのための事務コストが抑えられており、そのぶん保険料はリーズナブル。また、セブンイレブンの電子マネー「nanaco」で保険料を支払うこともできるため、近所にセブンイレブンのある人や、手軽に自転車保険に入りたい人、nanacoを活用している人はチェックしておきたい自転車保険

自転車保険比較

保険料比較
お一人様プラン(本人型・本人以外型) (年額)4,160円
ご夫婦プラン (年額)5,940円
ご家族プラン (年額)8,780円
補償内容
全プラン共通
入院 日額6,000円
手術 入院中の手術…入院保険金日額の10倍
その他の手術…入院保険金日額の5倍
死亡・特定重度障害 400万円
個人賠償責任保険 1億円
保険期間
1年間
加入年齢
70歳未満
保険料支払い
現金、nanaco(電子マネー)
ここに注目!
  • オンラインで予約登録、セブン-イレブンで保険加入手続きができるオススメ!
いい口コミ
価格は他の自転車保険と比較しても驚異的に安い。ただその分保険の範囲内も狭い。そもそも自転車で死亡事故に合う(起こす)ケースは極めて稀。また保険金についても少ないので到底これでカバーできるとは思えないが、サブ的な保険としては役に立つと思う。(33才・男・会社員)
中立の口コミ
セブンイレブンにパンフレットがあり、価格も手ごろでnanaco払いできるという事で入ったのですが、自転車保険をいろいろ調べてみると同じ位の保障でもっと安いところがありますね。。。後悔はしてませんが、更新タイミングで乗り換えると思います。(33才・男・会社員)
総合 4.4
保険料 4.0
補償内容 4.5
保険金額 4.5
事故対応 5.0
人気 4.0

三井住友海上「自転車向け保険」

「TSマーク」に付帯する自転車保険。「TSマーク」とは、日本交通管理技術協会に認定された自転車安全整備士が点検・整備を行い、安全であると認めた自転車に貼られるシールのこと。他の自転車保険とは異なり、自転車の車両本体に付帯する保険のため、自転車所有者だけでなく、その自転車に乗る家族や友人等も対象となる
補償内容は傷害保険と賠償責任保険のセット。第一種(青色)TSマークと、第二種(赤色)TSマークに分かれており、補償内容は赤色TSマークのほうがやや手厚い。料金は自転車整備店によって異なるものの、青色マークが500〜1,500円、赤色マークが1,000〜2,000円ほど。新車購入時に割引サービスを設けている自転車整備店が多く、赤色マークのみを取り扱う店舗もある。マークの補償期間は1年間。
入院補償が15日以上の入院からしか適用されず、賠償責任が対人のみ(かつ、相手が死亡・重度後遺障害になった場合のみ)であるため、自転車保険としてのスペックは高いとは言えないが、自転車の整備代が含まれている点を考えれば料金としては破格。他の自転車保険と合わせて加入するなどして補償限度を上乗せする際に役立てたい自転車保険

自転車保険比較

保険料比較
第一種TSマーク(青色マーク) 500〜1,500円
第二種TSマーク(赤色マーク) 1,000〜2,000円
補償内容
青色TSマーク 赤色TSマーク
入院一時金(15日以上) 1万円 10万円
死亡・重度後遺障害(1〜4級) 30万円 100万円
個人賠償責任保険
(死亡・重度後遺障害1〜7級)
1,000万円 2,000万円
保険期間
1年間
加入年齢
制限なし
保険料支払い
各自転車整備店の支払い方法に準ずる
ここに注目!
  • 自転車の車両本体に付帯する保険のため、乗り手を問わず補償されるオススメ!
中立の口コミ
自転車にそのマークがついているかで人を選ばず保険金が支払われるのは良いと思うが、そもそもの保険金の額が少ないので自転車で事故を起こした場合を考えるとこれだけでは足が出ると思う。基本的には他の自転車保険のサブと言う位置づけで使うのが無難。(25才・男・ホームセンター勤務)
総合 4.3
保険料 4.5
補償内容 4.5
保険金額 4.0
事故対応 4.0
人気 4.5

日本交通管理技術協会「TSマーク付帯保険」

※自転車保険比較は保険比較編集部調べです。

※掲載情報の詳細は自転車保険を提供する各社のウェブサイトでご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。

※自転車保険の口コミは投稿者の意見です。あくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

ページトップへ

おすすめの自転車保険比較 編集部による総評

保険比較 スタッフみんながおすすめする自転車保険のランキング1位は「ちゃりぽ」でした。月額260円からという手頃な保険料で手厚い補償を受けることが可能。年齢制限もなく、子供や高齢者でも加入することができます。2位は世界有数の保険グループ・チューリッヒの「スーパー傷害保険Lite」でした。保険料はやや高めなものの、手術や通院もデフォルトでカバー。年間850円で5,000万円の損害賠償も付帯でき、自転車の事故にしっかり備えたい人向けの自転車保険です。3位は、携帯から入れる自転車保険で有名なau損保の「あ・う・て ケガの保険 Bycle(バイクル)」でした。有名な100円自転車プランは、やや補償内容が限定されますが、上位の自転車ワイドプランは保険料と補償内容のバランスも良く、比較の候補に加えたい自転車保険です。

自転車は、免許証や年齢制限もなく、気軽に乗れる便利な移動手段です。誰もが使える反面、交通ルールなどが徹底されていない部分も多く、通行人や自転車同士で接触事故が起きた場合、多大な損害が出る場合も。
通勤・通学・買い物・趣味などで日常的に自転車を使っている方は、万一の事態に備えて自転車保険を検討してみてはいかがでしょう。

口コミ投票

自転車保険比較 口コミを投票!

どの自転車保険に口コミする?
※必須
点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目   点数(5点満点) 5   4   3   2   1  
口コミ ※必須
メールアドレス※必須
年齢
性別 男   女  
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)

▲ このページのトップへ戻る

HOME | 保険比較とは | 会社概要 | ビジネスサービス | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright(c) 保険比較&ランキングなら保険比較! 当サイト掲載の情報・画像他、全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。