お役立ち保険情報

自動車保険の代理店型とダイレクト型の違いとは?
それぞれのメリットとデメリット

自動車保険の代理店型とダイレクト型の違いとは?それぞれのメリットとデメリット

自動車保険は、大きく「代理店型」と「ダイレクト型(通販型)」の2種類に分けられます
自動車保険への加入を検討する際は、それぞれどんな特徴があり、何が違うのかをしっかり把握することが大切です。ただこの2つの自動車保険は仕組みが大きく異なるため、どちらを選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、代理店型とダイレクト型の自動車保険の特徴とその違いをわかりやすく解説。さらに、代理店型・ダイレクト型それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

自動車保険への新規加入、または乗り換えを検討している方は、2種類の自動車保険をさまざまな角度から比較した本特集の内容を参考に、自分の希望の条件を満たす自動車保険を選びましょう。

自動車保険 代理店型とダイレクト型の違い

それではまずはじめに、自動車保険の代理店型とダイレクト型の特徴とその違いを見ていきましょう。
以下は代理店型とダイレクト型の特徴をまとめたものです。それぞれの特徴をしっかり把握するとともに、その違いについても理解しておきましょう。

代理店型の自動車保険とは?

代理店型の自動車保険とは?

損害保険会社と代理店委託契約を結んだ「代理店」を経由して保険契約を行う自動車保険のこと。店舗を持ち、店舗の窓口や自宅などで、専門のスタッフに保険に関する相談ができる

ダイレクト型の自動車保険とは?

ダイレクト型の自動車保険とは?

電話やインターネットを通じて、保険会社と直接保険契約を行う自動車保険のこと。通販型とも呼ばれる。原則として店舗を持たないことから、代理店型とは異なり店舗運営費用や人件費が発生せず、コストを抑えられる分、保険料が安いケースが多い

代理店型自動車保険のメリットとデメリット

それでは次に、代理店型自動車保険のメリットとデメリットを詳しく見て行きましょう。

代理店型自動車保険のメリット

代理店型自動車保険のメリット その 専門スタッフによる対面サポートが受けられる

代理店型の自動車保険を利用する最大のメリットは、専門スタッフ(代理店の担当者)によるサポートが受けられる点。
代理店型の自動車保険の場合、店舗や自宅にて対面で専門スタッフに相談しながら、自分に合った自動車保険を選ぶことができます。さらに、自動車保険の契約・更新の際や、万一、事故に遭った場合でも、担当の専門スタッフによる様々なサポートを受けることが可能。
自動車保険にあまり詳しくない人でも安心して利用できる点は、代理店型の嬉しいポイントといえるでしょう。

代理店型自動車保険のメリット その 総合代理店を経由する場合、自動車保険以外の保険も一括管理ができる

自動車保険を契約する代理店が、様々な保険を取り扱う総合代理店の場合、自動車保険だけではなく、生命保険や医療保険、学資保険など、様々な保険の手続きや管理をまとめて依頼することが可能です
保険ごとに契約する保険会社が異なる場合、契約・更新の手続きや管理に何かと手間がかかるもの。また、加入している保険の数が多くなると、契約期間や補償内容をそれぞれで把握しておくのも容易ではありません。
自動車保険をはじめ、複数の保険への加入を考えており、その手続きや管理を一カ所にまとめたいと考えている方は、総合代理店が取り扱う自動車保険の利用を検討するとよいでしょう。

代理店型自動車保険のデメリット

代理店型自動車保険のデメリット その ダイレクト型と比較すると保険料が高い

代理店型の自動車保険の場合、代理店の店舗運営費や人件費等の費用がかかります。また代理店を経由して保険契約を行う場合、損害保険会社が代理店に支払う手数料も保険料に反映されているため、ダイレクト型の自動車保険と比較すると、代理店型の自動車保険の保険料は高くなります。
同様の補償内容のプランでも、コストが高くなる傾向がある点は、代理店型のデメリットの一つでしょう。

代理店型自動車保険のデメリット その 専門スタッフによってサービスの質が異なる

専門スタッフによる手厚いサポートが受けられる点は、代理店型の自動車保険を利用するメリットの一つですが、その一方で、専門スタッフの保険に関する知識や、サポート力に差がある点には注意が必要です。担当する専門スタッフによっては、商品提案力がないケースや保険加入後のアフターフォローが乏しいことも。
代理店型の自動車保険を利用する際は、全てを代理店のスタッフ任せにするのではなく、契約者の方でも、加入する保険について、最低限の知識・情報はしっかり把握しておくことが大切です

代理店型自動車保険のデメリット その 代理店が取り扱っていない自動車保険と比較することができない

代理店で紹介される自動車保険は、基本的にその代理店で取り扱いのある保険商品に限られます。つまり、代理店が取り扱う自動車保険以外に条件のよい自動車保険があったとしても、代理店での取り扱いがなければ、その自動車保険の提案を受けることはできません。
加入する自動車保険の選択肢が、代理店に取り扱いのある商品に限定されてしまう点は、代理店型の自動車保険を利用するデメリットと言えるでしょう。

≪ おすすめの代理店型自動車保険 ≫

東京海上日動 トータルアシスト自動車保険

東京海上日動 トータルアシスト自動車保険

東京海上ホールディングスの子会社「東京海上日動」が提供する代理店型自動車保険。利用者を対象に行ったアンケート(※2017年度)において、92.5%がサービスに満足と回答しており、利用者からの高い満足度を誇っている。
東京海上日動 トータルアシスト自動車保険には、相手方の治療費や修理費等を補償する「賠償に関する補償」、契約者自身の治療費等を補償する「ご自身の補償」、契約者の車の修理費等を補償する「お車の補償」の3つの基本補償が付帯。初めて自動車保険に加入する場合でも、安心して利用することができる。さらに、3つの基本特約を付帯することで、もらい事故の際の弁護士費用や入院時の諸費用、事故・故障時の諸費用等をカバーすることも可能。
また、24時間365日、事故受付を行っている他、ロードサービスも充実。加えて、東京海上日動のアプリ「モバイルエージェント」をダウンロードしておけば、万一の際、すぐに代理店の担当スタッフや東京海上日動に連絡できる点も嬉しい。
東京海上日動 トータルアシスト自動車保険は、補償が充実した自動車保険を利用したい人であれば、ぜひチェックしておきたい。

ダイレクト型自動車保険のメリットとデメリット

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険では、メリットとデメリットが大きく異なります。本チャプターでは、ダイレクト型自動車保険のメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

ダイレクト型自動車保険のメリット

ダイレクト型自動車保険のメリット その 代理店型と比較すると保険料が安い

ダイレクト型の自動車保険は、代理店と比較すると、店舗運営費用や人件費、代理店手数料等の中間マージンを大幅にカットできるため、保険料を安く抑えることが可能です
さらに、ダイレクト型の自動車保険を取り扱う保険会社の中には、インターネット経由で契約申し込みを行うと保険料の割引が受けられる「インターネット割引」や、早期契約することで保険料が割引になる早割を用意しているところも。代理店型と比べると、自動車保険の保険料を安く抑えられる点は、ダイレクト型自動車保険を利用する最大のメリットといえるでしょう。
ちなみに、ダイレクト型自動車保険は、保険料が安いからといって補償が充実していない・・・ということはありません。多くのダイレクト型自動車保険は、代理店型の自動車保険と全くそん色ない事故対応やロードサービスを提供。万一の際も、安心のサポートを受けることが可能です

ダイレクト型自動車保険のメリット その 契約者自身で自動車保険のプランを決めることができる

ダイレクト型の自動車保険では、契約者自身が複数のプランを比較・検討し、その中から自分に合ったものを選択できます。また、インターネットや電話で申し込むことができるため、自分の好きなタイミングでプランを選び、契約することが可能です
この自由度の高さもダイレクト型の自動車保険を利用する際にチェックしておきたいメリットの一つといえるでしょう。

ダイレクト型自動車保険のデメリット

ダイレクト型自動車保険のデメリット その 契約者自身で自動車保険のプラン決定や見直しを行わなければならない

ダイレクト型自動車保険の場合、契約者自身で加入するプランの選択や契約・見直しを行わなければいけません。特に、自動車保険に関する知識があまりない場合、契約者自身で情報を調べ、自分に合ったプランを見つけるのに、一定の手間と時間がかかります。自動車保険を契約する際に、ある程度の知識が必要になる点は、ダイレクト型の自動車保険を利用するデメリットといえるでしょう。

ダイレクト型自動車保険のデメリット その 対面で専門スタッフに相談できない

代理店型とは異なり、ダイレクト型は店舗を持たず、担当の専門スタッフもいないため、保険に関して何かわからないことがあった場合、対面での相談ができません。この点も、ダイレクト型の自動車保険を利用するデメリットの一つ。
ただし、ダイレクト型の自動車保険を提供する保険会社の中には、電話やインターネットで無料相談を受け付けているところも少なくありません。自動車保険に関する質問や相談がある場合は、こうしたサービスの利用がおすすめです。

≪ おすすめのダイレクト型自動車保険 ≫

ソニー損保 自動車保険

ソニー損保 自動車保険

16年連続でダイレクト型自動車保険の販売実績No.1を誇るソニーフィナンシャルグループの自動車保険
ソニー損保は、年間走行距離に応じて保険料を算出するシステムを導入しており、自動車に乗る機会が少ない、年間走行距離が短いユーザーほどお得になる。さらに、インターネットからの申し込みで、保険料が10,000円割引(※新規契約の場合。継続契約の場合は2,000円割引)になる「インターネット割引」や、年間の予想走行距離に満たなかった場合、その差額保険料を翌年の継続契約の保険料から割り引く「くりこし割引」等を用意している点もチェックしておきたい
また、万一、事故に遭った場合でも24時間365日、事故対応の受付を行っている他、ロードサービスが充実している点も大きな魅力。
ソニー損保の自動車保険は、他のダイレクト型自動車保険と比較しても、サポートに対する満足度は高さに定評があり、高い事故対応満足度を誇っている。これまでの実績とサポート力を考えれば、ダイレクト型自動車保険への加入を検討する際、ソニー損保は有力な選択肢といえるだろう。

セゾン自動車火災保険 おとなの自動車保険

セゾン自動車火災保険 おとなの自動車保険

損保ジャパン日本興亜ホールディングスグループの「セゾン自動車火災保険」が提供するダイレクト型自動車保険。事故率が低い世代の保険料が割安(※本商品内、同条件で他世代との比較)になる仕組みを採用しており、利用者数を順調に伸ばしている。
保険料は年間の走行距離に応じて算出する方式を採用。中間マージンを最大限カットすることで、無駄のない保険料を実現している。さらに、インターネットからの申し込みで保険料が新規契約でも継続契約でも10,000円割引になる「インターネット割引」や、契約開始の50日前の契約で600円、30日前の契約で400円の割引が受けられる「早割50日前/30日前」等の割引サービスも利用できる。
また、セゾン自動車火災保険では、契約時にサービス利用を希望するユーザーに無料で「つながるボタン」を配布。万一の事故の際、「つながるボタン」を押すだけで、事故受け付け担当者へ連絡でき、事故の情報が共有されるため、スムーズな事故対応を期待できる
その他にも、セゾン自動車火災保険は、万一の際、24時間354日、事故対応の受付を行う他、事故現場にALSOK隊員がかけつけるサービスも高い評価を獲得。40代・50代を中心に、ダイレクト型自動車保険への加入を検討する際、ぜひ候補に入れておきたい。

自動車保険の代理店型とダイレクト型の違いとは?それぞれのメリットとデメリット~まとめ~

生命保険をクレジットカード払いするメリットとデメリット~まとめ~

代理店型とダイレクト型の自動車保険の特徴と、それぞれのメリット・デメリットについて解説した今回の特集はいかがでしたでしょうか?

一口に「自動車保険」といっても、代理店型とダイレクト型とでは、特徴が大きく異なります。
また、それぞれにメリット・デメリットが存在するため、自動車保険に加入する際は、メリットだけではなく、デメリットもしっかりと把握した上で、利用することが大切です

これから自動車保険の新規加入や乗り換えを検討されている方は、本特集を参考に、代理店型とダイレクト型、それぞれの自動車保険の特徴やメリット・デメリットを把握し、リーズナブルな料金で利用できつつ、万一の際に、必要な補償をしっかりと受けることができる、自分に合った自動車保険を見つけましょう。

関連特集
通販型自動車保険のデメリット…安いと評判の通販型自動車保険のデメリットを分析。
関連ランキング
自動車保険比較…各保険の加入者の口コミや保障内容、保険料など、自動車保険選びのポイントをピックアップし、徹底比較。

ページトップへ

ページトップへ