保険まめ知識

自動車保険は乗り換えと継続、どっちがお得?
それぞれのメリットを解説

自動車保険は、3年や5年といった中長期で契約できるものもありますが、実際にはほとんどが加入者が1年契約を選択しています。つまり、自動車保険の加入者は、毎年、自動車保険を乗り換えるか、現在加入している自動車保険との契約を継続するかを検討することになります。

そこで重要になってくるのが、自動車保険は乗り換えと継続で、どちらがお得になるのかという点
今回の保険比較のまめ知識では、自動車保険を乗り換える場合と、継続する場合のそれぞれのメリットをわかりやすく解説。自動車保険の乗り換えと継続では、どちらがお得になるのか比較してみましょう。

1. 自動車保険を乗り換えるメリットとは

自動車保険を乗り換える最大のメリットは、乗り換えることで、お得なキャンペーンを利用できる点にあると言えるでしょう
自動車保険のなかには、新規契約者を獲得するために、新規・乗り換えで契約する人向けにお得なキャンペーンを用意しているものが少なくありません。
なかでもダイレクト型の自動車保険は、新規の契約者向けに保険料の割引きや、お※ギフト券プレゼント、抽選で豪華賞品が当るプレゼント等、様々なキャンペーンを積極的に行っています。

また、自動車保険の保険料は、保険会社によって大きく異なるので、各社の保険料と新規契約者向けキャンペーンをしっかりチェックし、お得な自動車保険に乗り換えることで、自動車保険の保険料を抑えることも可能です。自動車保険の更新日が近づいている方は、保険料と新規契約キャンペーンの両方をチェックすると良いでしょう

≪ 自動車保険のお得な乗り換えキャンペーン ≫

ソニー損保 自動車保険

ソニー損保 自動車保険・画像

保険料の割引
  • 保険比較限定!専用ページから新規契約すると、抽選で25人に1人ソニー製ウェアラブルネックスピーカープレゼント!
  • インターネットからの新規契約で保険料が最大10,000円割引き!

イーデザイン損保 自動車保険

イーデザイン損保 自動車保険・画像

保険料の割引
  • イーデザイン損保なら、インターネットから自動車保険に申し込むと、新規契約だけではなく、更新でも保険料が最大10,000円割引き!

セゾン自動車火災保険
おとなの自動車保険

セゾン自動車火災保険 おとなの自動車保険・画像

保険料の割引
  • 保険比較限定!専用ページから、無料見積り保存するともれなく550円相当のお米券、新規契約で1,100円相当のギフトカードプレゼント!
  • インターネットからの申込みで新規も継続も保険料が最大10,000円割引!(※分割払の場合は年間9,960円の割引)

文審2015-4190(2016.3)

2. 自動車保険の契約を継続するメリットとは

新規・乗り換えキャンペーンと比較すると、契約の継続で利用できるキャンペーンを積極的に実施している自動車保険は少ない傾向があります。

しかし、一部の自動車保険では、契約を継続する人向けにキャンペーンや特典を提供するケースも出てきており、自動車保険を提供する損害保険会社のスタンスにも変化が出てきていると言えるでしょう。また、現在加入している自動車保険の保険料が他社と比較した際、割安に設定されている場合やサポートに満足している場合は、自動車保険を乗り換えをしない方がメリットが大きいケースも。現在契約している自動車保険の契約を継続するべきかどうか迷う場合は、現在の自動車保険の満足度と保険料、継続した際のキャンペーンや特典などを総合的に判断し、後悔のない選択をしましょう。

≪ 自動車保険の契約継続者向けキャンペーン ≫

ソニー損保 自動車保険

ソニー損保 自動車保険・画像

継続キャンペーン
  • 契約を継続するごとに自動車保険の保険料割引率がアップ!「継続割引」の適用で保険料が1~2%割引き!
  • 2年間契約を継続するとクラブオフVIP会員に!映画のチケット代優待やレジャー施設、飲食店が割引に

セゾン自動車火災保険
おとなの自動車保険

セゾン自動車火災保険 おとなの自動車保険・画像

継続キャンペーン
  • 始期日の前日から数えて50日前・30日前までに契約を完了すると、保険料が割引になる「おとなの早期契約割引(早割50日・30日)」で保険料が600円または400円割引!*1
  • インターネットからの申込みで新規も継続も10,000円割引(※分割払の場合は年間9,960円の割引)

文審2015-4190(2016.3)

SBI損保 自動車保険

SBI損保 自動車保険・画像

継続キャンペーン
  • 契約を継続する人限定のプレゼントキャンペーンを不定期で実施中!

※1 「早割30日前」については、分割払の場合、年間360円の割引適用となります。また、600円割引と400円割引が合算されることはありません。
継続契約で早割50日・30日の割引を受けるためには、現在の契約の満期日50日前、または30日前までに継続手続きを行うことが必要です。

保険料だけを考えると、一般的には自動車保険を乗り換えた方がお得になるケースが多いですが、最近は契約を継続する人向けのサービスを強化している自動車保険も増えてきています。
自動車保険を乗り換えるか継続するかどうかを考える際は、現在の自動車保険の保険料やサポートに対する満足度、キャンペーンの有無、乗り換えの手間等もトータルで考えた上で、毎年判断すると良いでしょう

ページトップへ

ページトップへ