保険まめ知識

第26回 自動車保険の早期割引とは?

自動車保険の早期割引とは

自動車保険の早期割引とは?

自動車保険には様々な割引制度があります。「早期割引」とは保険始期日の1ヶ月以上前に契約することで、自動車保険料が割引になる制度のこと。
おもに通販やインターネット経由で加入できるダイレクト型の自動車保険が取り扱っています。
現在、早期割引を提供しているのは、以下の3社です。

セゾン自動車火災保険
(自動車保険)

セゾン自動車火災保険(自動車保険)

早期割引の額
早割50日前:600円OFF
※始期日の前日から数えて50日前までにインターネットで契約
早割30日前:400円OFF
※始期日の前日から数えて30日前までにインターネットで契約

※「早割30日前」は、分割払の場合、年間360円の割引を適用。600円割引と400円割引は併用不可。

イーデザイン損保
(自動車保険)

イーデザイン損保(自動車保険)

早期割引の額
500円OFF
※保険始期日45日前までにインターネットで契約

チューリッヒ
(スーパー自動車保険)

チューリッヒ(スーパー自動車保険)

早期割引の額
500円OFF
※保険始期日45日前までに契約

早期割引の金額は300円から600円と大きな額ではありませんが、新規の契約だけではなく、2年目以降の継続契約にも適用される点がメリット。さらにインターネット割引や証券不発行割引など、他の割引とも併用することができます

例)セゾン自動車火災保険の自動車保険を始期日前日から数えて50日前までに契約した場合

  • インターネット割引 10,000円
  • +
  • 早割50日前 600円
  • +
  • 証券不要割引 600円
  • =
  • 11,200円割引

早期割引とあわせてチェックしたい自動車保険の割引

ダイレクト型の自動車保険の割引でもっとも手厚いのは、インターネットから加入を申し込むことで適用される「インターネット割引」です。割引額が10,000円前後と大きいうえに、契約継続時にも適用されることが多いため(割引額は自動車保険により異なる)、ダイレクト型の自動車保険を検討する場合はチェックしましょう。

また、保険証券を紙で発行せず、オンライン上のマイページ等で確認できるようにすれば、500~600円程度の「証券不発行割引」も適用されます。

なお、自動車保険の中には、契約年数や契約更新回数に応じて割引率がアップするものがあります。割引率は保険料の2~3%程度ですが、年間保険料が10万円以上など高額になる場合は3,000円前後の割引額となり、無視できません。

セゾン自動車火災保険
(おとなの自動車保険)

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

事故率が低い40代・50代の保険料を割安に設定した自動車保険。Webサイト上の見積もり画面でそれぞれの補償の保険料を確かめながら申込みができる

インターネット割引
新規:10,000円OFF
継続:10,000円OFF
※分割払の場合は年間9,960円OFF
証券不発行割引
600円OFF
その他の割引
電気・ハイブリッド車割引、ゴールド免許割引、おとなの2台目割引

イーデザイン損保
(自動車保険)

イーデザイン損保(自動車保険)

損害保険会社大手「東京海上」グループのインターネット専業自動車保険。1年間無事故だった場合に翌年の保険料が割引になる「無事故割引」を提供。

インターネット割引
新規:10,000円OFF
継続:10,000円OFF
※保険料・支払方法に関わらず同額
証券不発行割引
500円OFF
その他の割引
契約年数割引(0.5~3.0%OFF)、無事故割引(2.0%OFF)、新車割引、セカンドカー割引

チューリッヒ
(スーパー自動車保険)

チューリッヒ(スーパー自動車保険)

リスク細分型の保険料算出を行っており、免許証の色や年間走行距離に応じて保険料を設定。ロードサービスの充実度にも定評がある。

インターネット割引
新規:最大7,000円~2,500円OFF
継続1回目:最大5,000円~2,000円OFF
継続2回目以降:1,500円OFF
※保険料と支払方法(年払・月払)により異なる
証券不発行割引
500円OFF
その他の割引
新車割引、エコカー割引、ゴールド免許割引、紹介割引

ソニー損保
(自動車保険)

ソニー損保(自動車保険)

通販型(ダイレクト型)自動車保険の中でも高い知名度と販売実績を誇る。保険料は予想年間走行距離に応じて算出。予想走行距離に満たなかった場合の保険料を翌年に繰り越せる。

インターネット割引
新規:10,000円OFF
継続:2,000円OFF
(前契約で新規のインターネット割引が適用されている場合5,000円OFF
※支払回数によって記載の割引額ちょうどにならない場合あり
証券不発行割引
500円OFF
その他の割引
くりこし割引、ゴールド免許割引、新車割引、継続割引(1~2%OFF)、電気自動車割引、セカンドカー割引、マイページ新規申込割引、継続時複数契約割引
※契約者優待サービス(クラブオフ、ソニーストアクーポン)

アクサダイレクト
(自動車保険)

アクサダイレクト(自動車保険)

割安な自動車保険料が強みの通販型(ダイレクト型)自動車保険。割引制度は少なめだが、免許証の色や車の初度登録年月によりリスクを細分化し、保険料を算出している。

インターネット割引
新規:最大10,000円~2,000円OFF
継続:1,000円OFF
※新規申込時の割引額は保険料・支払方法(一括、分割)により異なる
証券不発行割引
なし
その他の割引
複数所有新規割引(条件を満たした場合、2台目の車のノンフリート等級を7級からスタート)

自動車保険の割引には、そのほか新車割引・ゴールド免許割引・複数台契約割引・ハイブリッドカーや電気自動車割引・家族や友人の紹介割引などがあります。

「インターネット割引」や「証券不発行割引」は、ほとんどのダイレクト型自動車保険が実施していますが、それ以外の割引は、保険会社により割引の有無や割引率がまちまち。

新車を購入した場合や複数の自動車を契約する場合は、該当する割引制度が充実した自動車保険を選ぶと良いでしょう。

関連ランキング
自動車保険比較
関連特集
自動車保険の新しい割引「先進安全自動車割引」とは
通販型自動車保険のデメリット-事故対応に違いあり?
自動車保険の事故対応を比較

ページトップへ

ページトップへ